野口観光、章月グランドホテルを買収 定山渓温泉に初進出

  • 2018年4月11日

意欲を語る野口秀夫社長

 北海道内宿泊業最大手の野口観光(本社=登別市)はこのほど、全国でホテルなどを運営する「グランビスタホテル&リゾート」(本社=東京都)から札幌市定山渓温泉の老舗ホテル「章月グランドホテル」を買収したことを発表した。
 同社が定山渓温泉に進出するのは初めて。定山渓温泉は90%が道内客であり、大半は札幌からの利用客。近くの登別や洞爺湖などで運営するホテルとの周遊効果と併せて集客を拡大する。

 ホテルは通常通り営業を続け、6月1日から野口観光が運営を引き継ぐ。名称は変更しない。

 料金やサービス面も当面は踏襲予定。利用客や従業員の声を聞き、将来的にはコンセプトに合わせた改修や名称変更を検討する。買収額は非公表。

 利用料金は1泊2食付き1万5千円から2万5千円程度。年間の売り上げ目標は5億9千万円を想定する。

 記者発表で野口観光の野口秀夫社長は「以前から定山渓への進出に魅力を感じていた。歴史あるブランドに新しい血を入れてより素晴らしいホテルとし、定山渓温泉の発展にも寄与していきたい」と意気込みを述べた。

 章月グランドホテルは1934年に章月旅館として開業し、64年に現名称に改称。地上8階建て延べ床面積約8500平方メートルで全59室。全客室から豊平川の渓流を望め、定山渓有数の老舗ホテルとして知られる。

 野口観光では、休館中だった苫小牧市内のホテルの改装を終え、4月1日から「新苫小牧プリンスホテル 和(なごみ)」としてリニューアルオープンした。同社の運営するホテルは、章月グランドホテルの買収で20施設目(道内17施設)となる。

関連する記事

マリオット・インターナショナルは、3つのロイヤリティプログラムの8月に統合すると発表した。 今日のホスピタリティを牽引する世界最大のホテル企業、マリオット・インターナショ…

続きを読む

ホテルニューオータニは、目指せオリンピック!「かけっこ教室」&「食育」ビュッフェを5月4日に開催する。 ホテルニューオータニ(東京) 目指せオリンピック!「かけっこ教室」…

続きを読む

2019年に創業90周年を迎える、常磐ホテル(山梨県甲府市湯村温泉、全50室)はこのほど、メインダイニング、レストラン「柏」の全面改装リニューアル、古民家を移築した和風レ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?