農水省「第5回農泊推進のあり方検討会」を開催

  • 2022年12月21日

検討会の様子

26年新計画に向け議論

 農林水産省は2日、農泊推進の今後の方向性を検討する「第5回農泊推進のあり方検討会」を開いた。学校、農業、観光などから専門知識を持つ委員が出席し、農泊の推進に係る新たな目標設定の考え方や実行すべき施策について議論した。農泊の実施体制を構築し、地域の飲食業や幅広い事業での雇用の創出や、多様な交流をきっかけとした移住定住へとつなげる。今後は23年5月ごろをめどとして、26年ごろを見据えた新たな農泊推進の実行計画を取りまとめる。

 同検討会は、農泊の推進に必要な地域の実施体制の在り方やインバウンドの受け入れ拡大に向けた取り組みを検討するため、2018年12月に第1回を開催し、19年6月には中間取りまとめを発表。コロナ禍以降は、検討会を中断していた。

 冒頭、農水省の青山豊久農村振興局長は「コロナ禍で農泊の宿泊者数は大幅に減ったが、現在は水際措置の緩和など、観光需要の回復期にあり、農泊を積極的に推進する機運にある」と話した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram