農水省、「農泊食文化海外発信地域」事業で10ヵ所認定

  • 2018年1月16日

認定ロゴマークは山、海、田、畑、川、そして箸を表している

 農林水産省は農山漁村を訪れる外国人観光客を増やそうと「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」事業を展開しているが、対象となる農山漁村地域10カ所を新たに認定した。これら地域は統一の認定ロゴマークを使用し、海外に向け事業をアピールできる。

 SAVOR JAPAN制度は2016年度に創設。地域の農林水産物を使った「食」を核に、景観などの観光資源を組み合わせて観光ルートを設定、「SAVOR JAPANブランド」で訪日客を誘客する。初年度は北海道の十勝地域など5地域を認定した。

 同省は、「政府として広報を含めて(SAVOR JAPANを)PRしているので認知度は徐々に上がっており、(認定地域を訪れる)外国人は増える傾向にあると認識している」(食文化・市場開拓課)という。

 17年度は、応募に対して全国18地域から認定申請があり、観光庁との協議や有識者会議委員からの助言を経て、農水相から国土交通相へ意見照会した上で、特に優れた取り組みをしている地域10カ所を選んだ。

 選ばれたのは大館地域(秋田)、会津若松市(福島)、浜松・浜名湖地域(静岡)、十日町市(新潟)、小松市(石川)、小浜市(福井)、京都府北部地域(京都府)、紀の川市(和歌山)、さぬき地域(香川)、高千穂郷・椎葉山地域(宮崎)。

 このうち、大館地域では秋田犬ツーリズムが実行組織となり、地域の伝統食である「きりたんぽ」と秋田犬、マタギの歴史的関係に焦点をあて、きりたんぽの誕生ストーリーを農家との触れ合いにより体感することができる。

 古代より豊富な海産物で朝廷の食文化を支えた「御食国(みけつくに)」としての歴史がある小浜市。現在でも600を超える食と関わりが深い行事が行われている。これら民俗行事と多彩なプログラムを組み合わせ、来訪客のニーズに合わせた複数の行程を提供する。


認定ロゴマークは山、海、田、畑、川、そして箸を表している

関連する記事

経済産業省は10月24日、観光予測ビッグデータ分析コンテストを開始した。ビッグデータを基にデータ分析の精度などを競うアルゴリズム(計算・処理手順)開発のコンテスト。課題は…

続きを読む

対象業種に宿泊業など検討 政府は2日、外国人就労の新たな在留資格「特定技能」の創設を盛り込んだ出入国管理法の改正案を閣議決定し、開会中の臨時国会に提出した。従来の専門的、…

続きを読む

全体は1%減、国内客前年割れ 観光庁の宿泊旅行統計調査の結果、2018年8月の宿泊施設の延べ宿泊者数(2次速報値)は、前年同月比1.1%減の5616万人泊となった。全国の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube