身近な食文化を国内外にPR 文化庁が認定制度

  • 2022年12月26日

 文化庁は、地域で受け継がれ愛されている食文化を掘り起こし、100年続く食文化として継承することを目指す「100年フード」と、食文化への学びや体験の提供に取り組む博物館、施設などに関する情報を一体的に発信する「食文化ミュージアム」の取り組みを実施している。

100年フード 131件、食文化ミュージアム 博物館など70件

フードは江戸時代以前から伝わる「伝統」、明治・大正から続く「近代」、昭和以降に生まれ、今後100年の継承を目指す「未来」の3部門ある。

 全国から候補を募集したところ、212件の応募があり、有識者委員会による審査で、基準を満たした131件を認定した。内訳は伝統が80件、近代23件、未来は28件で、有識者の評価が特に高かった15件を有識者特別賞とした。

 また、食文化ミュージアムの対象は博物館や道の駅、食の体験・情報発信施設などで、80件の応募があり、70件を認定。最も件数が多かったのは愛知県で、「半田市立博物館」「道の駅もっとくる新城」「MIZKAN MUSEUM」など8件が選ばれた。

 同庁は、新たな候補を11月25日まで募集した。

 100年フードの有識者特別賞は次の通り(カッコ内は都道府県、応募団体・組織名)。

ペイウォール会員向け記事です。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram