訪日回数増えるほど旅行支出・地方訪問率が上昇 観光庁がインバウンド動向分析

  • 2018年4月12日

訪日10回以上のリピーターは「温泉入浴や「日本の酒」を満喫

観光庁はこのほど、訪日外国人旅行者の訪日回数と消費、滞在中の行動の関係について統計調査を基にした分析結果を公表した。観光・レジャー客の訪日リピーター(2回目以上)の8割以上を占める韓国、台湾、中国、香港では、訪日回数の増加とともに1人当たりの旅行支出が高くなる傾向が顕著だった。訪日を重ねるほど、地方を訪問する率も高まり、「温泉入浴」や「日本の酒を飲むこと」などの実施率が上昇することも分かった。

訪日外国人旅行者に占めるリピーターの割合は、全体の約6割で近年大きな変化はないが、旅行者数の増加に伴って実数は年々増加。2017年は、訪日外国人旅行者数2869万人のうちリピーターが1761万人と推計されている。

観光・レジャー客のリピーターは東アジアが中心で、17年のリピーター数は韓国が約370万人、台湾が約310万人、中国が約230万人、香港が約160万人と推計。特に台湾、香港は、訪日回数が10回以上のリピーターが、観光・レジャー客全体の約2割を占める。

訪日回数の増加に伴って観光・レジャー客1人当たりの旅行支出は増加する。韓国は1回目が6万5千円だが、6~9回目で7万1千円、10回以上で8万4千円に増加する。台湾は1回目が11万9千円、6~9回目が13万5千円、10回以上が14万6千円。中国は1回目が22万1千円、6~9回目が28万4千円、10回以上が30万2千円。香港は1回目が14万3千円、その後横ばいだが、10回以上では19万8千円。各市場いずれも10回以上のリピーターは、1回目に比べて2~4割程度支出が増加している。

三大都市圏以外の地方への延べ訪問率(旅行者が各道県を訪れた割合の合計)も、訪日を重ねるごとに上昇する。韓国は1回目が62%、2~9回が82%、10回以上が99%。台湾は1回目が78%、2~9回目が100%、10回以上が119%。香港は1回目が72%、2~9回目が93%、10回以上が115%。中国は訪日回数によって延べ率は増加しないが、1%以上の訪問率の地域は1回目が15都道府県なのに対し、10回以上では29都道府県に広がっている。

リピーターは、日本滞在中にどのような行動をとっているのか。訪日回数が増えるほど、実施率が上昇するのが「温泉入浴」や「日本の酒を飲むこと」。反対に「テーマパーク」などは実施率は低下する傾向がある。

「温泉入浴」の実施率を見ると、台湾は1回目で33%、10回以上で49%。香港は1回目で36%、10回以上で50%に上昇する。「日本の酒を飲むこと」は、中国が1回目で32%だが、10回以上で45%。香港は1回目で31%だが、10回以上で46%に上昇する。

一方で「スキー・スノーボード」は、実施率の低さに対して、「次回の訪日でしたいこと」に選択される率が訪日回数にかかわらず高くなっている。

関連する記事

国土交通省はこのほど、今年の観光関係功労者国土交通大臣表彰の受賞者を発表した。観光関係事業に長年にわたって精励し、功績が顕著な21人を表彰する。表彰は4月23日付。 受…

続きを読む

観光施策の財源確保に向けて出国旅客に課税する国際観光旅客税法案が11日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。税収の使途などを定めた外客容易法の改正案も10日に成立。来年…

続きを読む

旧正月移動が訪日に影響26都府県がマイナス 観光庁がこのほど発表した宿泊旅行統計調査の結果、今年1月の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比1・0%減の3…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?