観光論文コンテスト「タップアワード」 最優秀賞は赤木拓真氏 

  • 2022年12月8日

論文コンテストの表彰式

 タップは11月21日、帝国ホテル東京で開いた「2022年度タップユーザー会」で、同社が主催する懸賞論文コンテスト「第15回タップアワード」の表彰式を行った。

 最優秀賞を受賞したのは、東京大学工学系研究科建築学専攻修士2年赤木拓真氏の「Zero UIを目指して~ホテル・旅館業DXにおけるユーザーインターフェースの抜本的改善による顧客体験価値向上の提案~」。同氏は、選考委員長の久保成人氏(東武トップツアーズ代表取締役会長・宿泊施設関連協会副会長)から壇上で記念盾と賞金50万円を授与された。

 赤木氏は論文の中で、宿泊客のジェスチャーから要望を先取りして対応する「察するカメラ」、継続的な利用に伴うデータの蓄積を滞在体験に生かすシステム「覚えるホテル」などを提案。「海外の友人と話をすると、日本に対して『ハイテク』なイメージを強く抱いていたり、『おもてなし・人々の優しさ』に期待したりする声をよく聞く。科学技術とおもてなしの精神は、観光客を引きつける美徳であり、強みであるといえる。ZeroUIによるホテル・旅館業DXは、テクノロジーを使いながら宿泊客の希望や要望に寄りそう、いわば『ハイテクおもてなし』だ。その一方で、これらの手法は特殊な装置を必要とせず、導入にかかるコストも抑えられるため、幅広いホテルで用いることが可能。ZeroUIの考え方を導入することで、来るインバウンドの再開や観光業の復興局面において、新しい顧客体験を提供することができるのではないだろうか」と論じた。


論文コンテストの表彰式

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram