観光庁2018年度予算案、18%増の248億円

  • 2018年1月8日

 政府が12月22日に閣議決定した2018年度予算案で、観光庁予算は、17年度当初予算比18%増の248億円となった。このうち32億5千万円は、19年1月7日に徴収が始まる国際観光旅客税(仮称、出国税)の18年度内、約3カ月分の歳入見込み60億円からの充当。出国税の歳入の残る27億5千万円は、他省が執行する観光関係施策に充当される。 政府が12月22日に閣議決定した2018年度予算案で、観光庁予算は、17年度当初予算比18%増の248億円となった。このうち32億5千万円は、19年1月7日に徴収が始まる国際観光旅客税(仮称、出国税)の18年度内、約3カ月分の歳入見込み60億円からの充当。出国税の歳入の残る27億5千万円は、他省が執行する観光関係施策に充当される。

 観光庁予算は、観光庁発足(08年10月)後の09年度当初予算が62億6千万円だったので、10年間で約4倍に増加し、過去最高額となった。17年度当初予算比では37億7千万円増となり、予算の増額には出国税の創設が貢献した形だ。

 出国税による財源は、政府が決定した「使途に関する基本方針」に基づき、新規性、緊急性の高い施策に投入。負担と受益の関係からインバウンド施策だけでなく、日本人海外旅行者のための施策にも充てられる。出国税の歳入は観光庁がとりまとめるが、他省庁が執行する事業にも移し替えて充当される。

 観光庁の18年度予算で出国税の財源が充当される事業は、訪日プロモーションのうちデジタルマーケティングの実践(13億円)▽訪日受け入れ環境整備のうちICTを活用した多言語対応など(11億円)▽「コト消費」に対応した訪日観光コンテンツの整備など(4億5千万円)▽地域観光資源の多言語解説整備支援(3億円)▽日本人海外旅行者の安全、安心に関わる情報のプラットフォーム構築(1億円)。

 他省庁が執行する18年度事業のうち出国税が充当されるのは、出入国の顔認証ゲートや税関検査場電子化ゲートなどCIQ体制の整備(法務省・財務省20億円)▽文化財や国立公園の多言語解説整備(文化庁5億円、環境省2億5千万円)。

 一方で、復興庁計上の18年度の東北観光復興予算は、17年度当初予算と同額の45億7千万円が確保された。東北観光復興予算を含めた観光庁の18年度予算は、総額で293億7千万円となった。

関連する記事

観光庁がこのほど発表した宿泊旅行統計調査の結果、宿泊施設の今年4月の客室稼働率(第2次速報値)は、前年同月比0.8ポイント増の60.7%となった。全国のうち30道県が前年…

続きを読む

環境省は6月29日、東京都内で「国立公園満喫プロジェクト有識者会議」(座長、涌井史郎・東京都市大特別教授)を開き、先行8公園が目標達成状況や課題などを自己評価した「中間評…

続きを読む

内閣府はこのほど、景気ウォッチャー調査の6月分を公表した。同月の景気の現状判断DIは48.1で、前月比1.0ポイント増と2カ月ぶりに上昇した。家計動向関連と雇用関連のDI…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会