観光庁、訪日プロモーションに方針

  • 2014年8月16日

 観光庁はこのほど、2014年度の市場別訪日プロモーション方針を策定した。外部のマーケティング専門家をメンバーに加えて庁内に4月に新設した「マーケティング戦略本部」で立案。従来プロモーションの主要ターゲットだった一定の訪日数がある「ボリューム層」に加えて、「潜在的ボリューム層」「将来的ボリューム層」などをターゲットに位置付け。訪日外国人2千万人の目標を見据え、戦略的なプロモーションに取り組む。

 戦略本部では、専門家の知見を取り入れ、より科学的に市場動向を把握、分析。現地消費者や訪日旅行者、現地旅行会社への調査、競合国の動向分析、事業効果の測定などを通じ、ターゲット層や訴求コンテンツを絞り込んだプロモーション方針を策定した。

 プロモーション方針では市場ごとにターゲット層を分類している。一番訪日数が多く、引き続き重要な「最大ボリューム層」▽一定程度の訪日数があり、今後も伸びしろがある「準ボリューム層」▽まだ訪日数は少ないが、一定のマーケットが見込まれる「潜在的ボリューム層」▽将来の訪日数拡大のため、長期的な視点で取り組む「将来的ボリューム層」—を設定した。

 各市場のターゲットごとに訴求テーマ、コンテンツを定めて、プロモーションを実施していく。方針に基づき推進する市場別プロモーションの主な内容は次の通り。

 韓国=「家族層」を準ボリューム層として、(1)子供連れで気軽にできるトレッキングなどのアウトドアレジャーを楽しむ旅行(2)高齢の両親と日本各地の日本食(郷土料理など)や温泉を楽しみ、癒やしとなるような親孝行旅行

 香港=「20歳代カップル」を準ボリューム層として、レンタカーや鉄道で自由気ままに日本各地を回り、B級グルメや日本独自のファッションブランドなどのショッピングを楽しむ旅行

 タイ=「首都圏在住の20歳代」を準ボリューム層として、ビザ免除で「身近に行ける日本」をテーマに、桜や紅葉、雪景色などの日本の四季、日本食、多種多様なショッピングなどを楽しむ旅行

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram