観光庁、東北・北関東の訪日観光再生へ

  • 2012年6月16日

 観光庁は、東日本大震災、原発事故により訪日外国人旅行者が減少している東北、北関東(茨城、栃木、群馬の3県)の訪日旅行需要の回復に向けた対策事業をスタートする。北京、香港を皮切りに今月から11月にかけて7市場9都市で商談会やPRイベントを行う。地方自治体や観光事業者と一体となってプロモーションに取り組む。

 今年度の観光庁予算に「東北・北関東インバウンド再生緊急対策事業」として計上した施策の一環。商談会などを行う市場、都市は、中国の北京、上海、韓国のソウル、釜山、台湾の台北、香港、タイのバンコク、シンガポール、米国のロサンゼルス。

 自治体や事業者が参加し、現地の旅行会社と商談を行うほか、「ジャパン・トラベル・フェスティバル」と題した消費者向けのイベントを開催して観光情報を発信する。観光庁や日本政府観光局(JNTO)の幹部も参加し、旅行の安全性などを訴える。

 北京では今月14日に商談会、17日にイベントを開催する。商談会には日本側から10団体が参加し、中国の旅行会社10社と個別の商談などを行う予定。イベントでは観光のPRに加え、山形花笠おどりや津軽三味線を披露する。仙台七夕まつりの七夕飾り製作、福島の赤べこの絵付けの体験コーナーも設置する。

 香港も今月14、17日に商談会とイベントを行う。商談会への参加は日本側が20団体、中国の旅行会社が20社を予定。イベントではやまがた舞子のステージがあるほか、群馬のダルマの絵付け体験コーナーなどが開設される。

 他の都市についても11月までに商談会、イベントを行う。

 訪日外国人旅行者数の減少率は、今年4月に一昨年の同じ月に比べて0.9%減にまで縮小した。西日本などの地域から需要の回復が進み、震災前の水準に近づいてきたが、放射能汚染への警戒感などが依然としてあることに加え、風評被害も根強く、東北、北関東は回復が遅れている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram