観光庁、宿泊施設のバリアフリー化で補助金

  • 2018年4月10日

 観光庁は3月28日、旅館やホテルの施設のバリアフリー化を推進する「宿泊施設バリアフリー化促進事業」で、補助金交付先の募集を開始した。補助上限を100万円に設定した必要最低限の「緊急改修」と、2分の1補助(上限500万円)が受けられる「大規模改修」の2種。公募期間は5月9日まで。

 高齢者や障害者を含めた訪日外国人旅行者が災害時の避難場所などとして旅館・ホテルを利用することを想定し、施設のバリアフリー化を促進する。東京五輪・パラリンピックの会場周辺の宿泊施設を優先的に支援するが、会場周辺以外の宿泊施設も申請は可能。

 補助金の交付を希望する宿泊事業者は、「宿泊施設バリアフリー化促進事業計画」を策定し、国土交通相の認定を受ける必要がある。事業計画には、バリアフリー化に関する整備状況や整備目標、訪日外国人宿泊者数の現状などを盛り込む。認定件数は未定だが、6月中をめどに認定の可否を決定する予定。

 客室について躯体工事などを伴わない「緊急改修」でバリアフリー化を促進する場合は、100万円を上限に補助。共用部の改修や客室の統合といった躯体工事などを伴う「大規模改修」でバリアフリー化を促進する場合は、費用の2分の1(上限500万円)を補助する。

 補助の対象事業となる事例は、手すりやスロープ(傾斜路)の整備、出入口・廊下の拡幅、エレベーター・段差解消用昇降機の設置、車いす利用者が使いやすいトイレや浴槽への改修、視覚障害者誘導用ブロックの敷設、点字や音声による案内表示の設置など。

 観光庁のホームページに公募要領、申請書などを掲載している。

関連する記事

国土交通省はこのほど、今年の観光関係功労者国土交通大臣表彰の受賞者を発表した。観光関係事業に長年にわたって精励し、功績が顕著な21人を表彰する。表彰は4月23日付。 受…

続きを読む

観光施策の財源確保に向けて出国旅客に課税する国際観光旅客税法案が11日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。税収の使途などを定めた外客容易法の改正案も10日に成立。来年…

続きを読む

旧正月移動が訪日に影響26都府県がマイナス 観光庁がこのほど発表した宿泊旅行統計調査の結果、今年1月の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比1・0%減の3…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?