観光庁、宿の感染防止策を現地調査 Go To トラベル事業で

  • 2020年8月12日

 観光庁は6、7日、国内旅行の需要喚起事業「Go To トラベルキャンペーン」に参加している宿泊施設を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大防止策の実施状況を調査した。地方運輸局の担当者などが全国の54施設を訪問。旅行者への検温、浴場や飲食スペースの3密対策は大半の施設で実施されていたが、旅行者への「新しい旅のエチケット」などの周知が不十分などとして、12施設には改善を指導した。

 指導した項目で多かったのは、「新しい旅のエチケット」の実施、検温や本人確認への協力など、「Go To トラベルを利用される方が順守すべき事項」に関する旅行者への周知不足。7施設に対して、施設内での掲示や旅行者への紙の配布などの改善を指導した。

 この他の指導項目は、エレベーターの人数制限が未実施▽夕食時のレストランの座席間隔が不十分▽チェックイン時の列の密集対策が不十分―などで、3密を回避するための改善などを求めた。

 観光庁は、第2弾の調査を8月中に実施する。対象は中小規模の宿泊施設を中心とする予定。

 また、観光庁は調査を通じて感染拡大防止策の好事例も収集し、公表した。主な内容は次の通り。

 フロント=入館後、部屋に直行し、部屋でチェックインできる特別客室を設定

 レストラン=食事会場で客がマスクを外した際、マスクを包むための紙を用意▽スマートフォンでQRコードを読み込む手法でメニューを表示

 館内設備=エレベーターのボタンに触れなくていいように、ボタンを押すための使い捨て綿棒を用意▽大浴場の入浴人数を各部屋のテレビでリアルタイムに提供

 発熱者対応=発熱者があった場合、保健所と連携をとりながら、他の客室、別の階の部屋へ案内する。また、スタッフが部屋に入室する際には防護服とマスクを着用するとともに、食事も弁当で対応

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram