観光庁、全国通訳案内士を講師に研修を272回実施

  • 2021年3月16日

講師(写真)と受講会場をオンラインで結んだ

地域の観光人材育成を支援

アフター・コロナの訪日客対応を強化

 観光庁は、「地域の観光人材のインバウンド対応能力の強化に向けた講師派遣業務」事業による研修会を1月27日から2月28日まで全国で272回開催した。新型コロナウイルスの影響で全国的に観光需要が低迷する中、アフター・コロナを見据え、地域における観光人材のインバウンド対応能力の強化を目指す。地域へのインバウンドの誘客、長期滞在、消費拡大につなげる。語学力だけでなく、コミュニケーション、ホスピタリティ、接遇能力などに優れた全国通訳案内士を講師として派遣し、地方自治体、DMO、宿泊施設向けに研修を行った。3月1日には、研修動画教材のオンデマンド無料配信と研修テキストの無料ダウンロードサービスも始めた。

拡大

観光人材のインバウンド対応能力強化研修 動画教材の無料オンデマンド配信とテキスト無料ダウンロードはこちらへ

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら