観光庁、バリアフリー旅行相談窓口の実証事業で、栃木・白馬など選定

  • 2019年10月13日

 観光庁はこのほど、「バリアフリー旅行相談窓口設置に係る実証事業」の実施先として第2次募集の結果、栃木県観光物産協会、白馬スポーツ・自然振興協会、福岡空港しょうがい者・こうれい者観光案内所(バリアフリーネットワーク会議)の3団体を選定した。

 障害者や高齢者など誰もが旅行を楽しめるユニバーサルツーリズムの促進策の一環。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて対応を強化する。

 実証事業では、外国人障害者向けのバリアフリー旅行の相談窓口の開設に向けて、外国人障害者の受け入れに関する人材育成▽地域の宿泊施設のバリアフリー調査▽多言語による宿泊施設のバリアフリー情報発信のツール作成―などにかかる費用を負担する。

 第1次募集では、鎌倉市観光協会、タウンモビリティステーションふくねこ(福祉住環境ネットワークこうち)が選定されている。

関連する記事

出入国在留管理庁 外国人就労の状況 出入国在留管理庁はこのほど、2018年の留学生の日本企業への就職状況を発表した。留学生などが日本企業への就職を目的に行った在留資格「留…

続きを読む

国際シニアサッカー大会フレンドリーマッチin甲府 山梨県甲府市の湯村温泉旅館協同組合は、「第1回国際シニアサッカー大会フレンドリーマッチin甲府」を主催した。国内外の合計…

続きを読む

日本観光振興協会は6日、11月下旬週末(22~23日)の観光予報を発表した。それによると、札幌市と大阪市で「混雑」(混雑度70~85%未満)しているが、全国的には比較的空…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube