観光基盤整備に158億円、訪日回復は96億円 補正予算案

  • 2020年4月15日

 政府は、2020年度補正予算案に国内観光キャンペーンの旅行費用補助以外の観光施策も盛り込んだ。観光地域や観光事業者を対象にした「反転攻勢に備えた観光基盤の整備」に158億1千万円、訪日旅行の需要回復を目指す「海外に向けた大規模プロモーション」に96億2400万円を計上した。

 「反転攻勢に備えた観光基盤の整備」は、感染症の終息を見据え、地域の観光資源の磨き上げ、交通機関の多言語対応、キャッシュレス決済への対応など旅行環境の整備を支援する。収益向上などを目指す旅館・ホテルに専門家を派遣して経営改善を後押しする事業も実施する。

 「海外に向けた大規模プロモーション」は、世界の感染終息の状況を慎重に見極めた上で、日本政府観光局(JNTO)によるプロモーションを展開する。運休した航空路線の再開などのタイミングを捉え、航空会社や旅行会社との共同広告を実施し、訪日旅行需要を回復させる。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram