観光カリスマの山田桂一郎氏が観光地活性化で講演

  • 2009年2月28日

山田桂一郎氏

山田桂一郎氏

 国から観光カリスマに認定されているJTIC.SWISS代表の山田桂一郎氏が19日、東京都内で開かれた中部広域観光推進協議会など主催の観光セミナーの中で「観光地の活性化と将来展望」と題して講演した。「地域に個性がなければ、お客さまはその土地に行く理由がない。安・近・短に流れる」と指摘した上で、地域づくり、旅行商品づくりのキーワードは、地域の「らしさ」「ならでは」だと訴えた。

 山田氏は、三重県出身。スイスの山岳リゾート地、ツェルマットで日本人旅行者向けに情報提供を行うインフォメーションセンターを開設。ツェルマット観光局のプロモーションなどに携わっている。日本エコツーリズム協会理事も務める。

 山田氏は、セミナーに参加した中部地域の自治体や旅行会社の関係者を前にして、「モノの豊かさを提供する観光、マンネリ化した観光サービスでは生き残れない。生活文化などに基づく、地域の『らしさ』『ならでは』を追求し、旅行者が心の豊かさを実感できる観光を目指すべきだ」と強調した。

 個性ある地域づくりや商品づくりに向けては、「中部地域にはスイスに負けない観光素材があるが、お客さまに選ばれるキラーコンテンツは何か、ターゲットは誰か、地域も、旅行会社も改めて考える必要がある」。その上で地域、観光事業者がテーマや将来構想を共有し、「こだわり」を徹底する必要性があると指摘した。

 地域間、地域・旅行会社間の連携の必要性にも触れた。(1)地域間で情報を共有できれば、市場の実態がより明確に把握できる(2)地域と旅行会社の情報交換が進めば、より効果的にプロモーションを実施できる──など。「自分たちだけの利益で動く地域、事業者が多ければ、テーマは共有できず、こだわりは徹底できない」と説明した。

中部観光セミナー 個別の商談会も
 中部広域観光セミナーは、中部広域観光推進協議会(富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀の9県)と日本観光協会中部支部の主催で開かれ、中部地域の自治体や観光事業者、旅行会社合わせて約160人が参加した。講演会と商談会の2部構成で行われた。

 講演会はJTIC.SWISS代表の山田氏に続いて、日本観光協会中部支部長の須田寛氏(東海旅客鉄道相談役)が、昨年10月に中部広域観光推進協議会が策定した観光推進計画「中部の観光ビジョン」について説明した。

 商談会は、会場に設置した旅行会社ごとのデスクを自治体や観光事業者でつくる県ごとのグループが巡回する方式で、各地域の旅行商品づくりなどで商談を繰り広げた。

山田桂一郎氏
山田桂一郎氏
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram