若手、女性の活躍へ JATA経営フォーラム分科会

  • 2018年3月13日

分科会の様子

 2月16日に開かれたJATA経営フォーラムの分科会「人材争奪戦時代の旅行業界の人財戦略とは?~若手社員、女性社員の活躍と共創に向けて~」では、山梨大学生命環境学部観光政策科学特別コースの田中敦教授をモデレーターに、日経BP社の麓幸子執行役員、ベルトラの萬年良子取締役最高執行責任者、横浜商科大学商学部観光マネジメント学科の宍戸学教授、JATAの矢嶋敏朗広報室長の4氏がパネリストとして登壇。ビジネス環境が激変する中で、将来を見据えた若手活躍、女性活躍に向けた具体的な方策を探った。

 麓氏は、経済産業省「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選出されたホテル佐勘の取り組み事例を紹介。2003年に新たな人事評価制度を整備し、評価基準に「前向きな失敗は最大限評価する」と明示したこと、2013年に「短時間正社員制度」を創設し、出退勤時間を柔軟にし、育児中の女性も働きやすい環境を作ったことなどを具体的な成功事例として挙げた。

 萬年氏は、グローバル規模でアクティビティ予約サイト、ベルトラを運営する自社の社員構成について「女性社員が7割で女性管理職や子育て中の女性も数多く活躍している。また社員の半数が20~30代の若手で、国内外を含めて全社員の約30%が外国籍スタッフ」と明かし、ダイバーシティが同社の強みであることを示した。

 宍戸氏は、大学で観光を学んでいる学生の意識について「ホテル、ブライダル、まちづくりの方面を目指す学生が増えている。昔のような旅行業に対する憧れはないようだ」と述べ、学生の意識の変化を指摘した。そのうえで「今の学生は先進的でアクティブ。今の旅行業に入社してもいずれOTAにとって代わられてしまうのではと言う学生もいる」と述べ、聴衆に厳しい現実を突きつけた。

 矢嶋氏は、週刊東洋経済が発表した、2018年の就職したい会社総合ランキングで、JTBグループが女子で1位、男子で143位だったことなどを踏まえて、JATAが行っているインターンシップの結果を報告。「観光に関心を持つ学生は、体系的に学び、よく理解すれば、旅行業に就職する可能性が多い。特に女子学生は旅行業への関心が高いが、成長性、職場環境、福利厚生などを他産業とも比較しているので、強み、弱みを包み隠さず話すことが重要だ」と話した。

関連する記事

日本航空グループ(JAL)と全日本空輸グループ(ANA)はこのほど、1月の国内線運行実績をそれぞれ発表した。利用旅客実績は、JALが前年同期比4.9%増の271万2966…

続きを読む

京王電鉄は16日、無料Wi-Fiサービス「KEIO FREE Wi-Fi」の日本語対応を開始した。 京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村康)では、3月16日…

続きを読む

全日本空輸はこのほど、4月1日付の役員人事と組織変更を発表した。新たな役員体制での新任者は次の通り。 ■新任役員 取締役(執行役員)丸野勇▽執行役員(ANAセールス執…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube