群馬県、GWの入り込み好調 9温泉地の宿泊客も2桁増

  • 2019年5月24日

 群馬県は9日、ゴールデンウイーク(GW、4月27日~5月6日)の観光動向を発表した。県内主要施設34カ所の入り込み客数は前年比22.7%増の120万9141人と好調で、県は期間の長さに加え、「プレデスティネーションキャンペーン(DC、4~6月)における各地の取り組みが集客に寄与した」(観光物産課)とみている。

 主な温泉地9カ所の宿泊客数は21.5%増の30万3659人で、客室稼働率は6ポイント増の87.8%に。宿泊客数のピークは5月3日だった。

 宿泊客数が多かったのは草津温泉で、16%増の12万8883人となった。水上温泉郷は21.6%増の6万7725人、伊香保温泉は28.7%増の4万4072人、四万温泉は16.3%増の2万4851人。いずれの温泉地も2桁増で、中でも猿ヶ京温泉は58.1%増という高い伸びを示した。

 10連休で入り込み客が分散し、花の見ごろがGWと重なったこともあり、ほとんどの観光施設で入り込み客数は増加。つつじが岡公園(館林市)は9万2437人と10万人に迫る勢いで、1日平均9244人が足を運んだという。

関連する記事

新潟県旅館ホテル組合(野澤幸司理事長、454会員)は5月23日、ホテル双葉(越後温泉)で通常総会を開き、役員改選で野澤理事長を再選した。野澤理事長は「今年はDC本番。しっ…

続きを読む

岐阜県の下呂温泉観光協会(会長・瀧康洋水明館社長)は5月20日、ヨーロッパ最大の温泉地であるハンガリー・セーチェニ温泉で、ブダペスト温泉公社と温泉を基軸とした交流を進める…

続きを読む

九州支部連合会は5月21日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で19年度通常総会を開催した。役員改選を行い、新会長に青島グランドホテル社長の冨森信作氏を選任した。豊田康裕会…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube