群馬・草津温泉で温泉感謝祭、厳かに

  • 2017年8月17日

 群馬県草津町の夏を彩る「草津温泉感謝祭」(主催・草津町、草津温泉観光協会)が1、2日、温泉のシンボル「湯畑」周辺で行われた。2日夕には湯畑側の旅館・一井で大沢正明知事、関係市町村の首長、JR東日本、旅行業者らを招いた祝賀懇親会が開かれ、親交を深めた。

 感謝祭は土用の丑の日、丑の刻(午前2時頃)に入浴すると1年中無病息災であるという言い伝えにより、温泉の恵みに感謝する意味で始まった「丑湯祭」が起源。今回で72回目となる。

 1日夕、第72代温泉女神の小林萌さん(24)が降臨、巫女と共に「源泉お汲み合わせの儀」や「分湯の儀」などを行った。翌日、町内の主要浴場に献湯。全ての儀式を終えた女神や巫女らが昇天する「女神昇天」=写真=では、眼前で繰り広げられる荘厳な儀式に観光客が大きな拍手を送っていた。

 懇親会には招待者を含め、約110人が参加。主催者を代表して中沢敬観光協会会長、黒岩信忠町長があいさつした。

 中沢会長は、「皆さんのおかげで(観光経済新聞社主催の)『にっぽんの温泉100選』で14年連続1位という称号をいただいた」と感謝の言葉を述べた。

 黒岩町長は15年連続1位に意欲を示すと共に、草津温泉が「2017年アジア都市景観賞」を受賞したことを明らかにした。同賞は国連が主催し、アジア地域で他都市の模範となる優れた成果を上げた都市、地域などを表彰する国際的な賞。今年で8回目となる。草津の受賞は群馬県内では初めて。

 来賓の大沢知事は「14年連続1位という輝かしい実績は群馬の観光に大きく貢献している」と高く評価。JR東日本の百瀬孝執行役員高崎支社長も「14年といっても大変な苦労があったと思うが、スリーワーク(ネットワーク、フットワーク、チームワーク)の成果が出ている」と述べた。

 観光協会によると、2日間の入り込み客数は約1万4千人だった。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram