総販は106%の増加 19年比では43%の減少 主要旅行業43社10月実績

  • 2022年12月28日

 観光庁が9日に発表した主要旅行業43社・グループの22年10月の旅行取り扱い状況(速報)は、総取扱額が前年同月比105.6%増の2585億1746万円だった。政府が実施する観光需要喚起策「全国旅行支援」の開始や、韓国や米国など68の国・地域に対するビザ免除措置が再開されたことなどから前年から増加するも、コロナ禍の影響が続き、2019年と比較すると47.4%減となった。

 総取扱額は、KNT―CTホールディングスを除く全社が前年実績を上回った。一方、19年同月比は東武トップツアーズ、富士急トラベル以外の41社が下回った。また、19年比では、50%に満たなかった会社が5割以上あった。

 分野別に前年実績と比較すると、国内旅行が78.8%増の2104億4765万円、海外旅行が531.0%増の429億9027万円、外国人旅行が303.9%減の50億7955万円。19年比では、国内旅行が14.2%減、海外旅行が75.5%減、外国人旅行が82.5%減。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram