経産省、観光予測ビッグテータ分析コンテスト開始 課題は宿泊者数予測

  • 2018年11月15日

 経済産業省は10月24日、観光予測ビッグデータ分析コンテストを開始した。ビッグデータを基にデータ分析の精度などを競うアルゴリズム(計算・処理手順)開発のコンテスト。課題は全国8カ所の国立公園周辺の観光宿泊者数の予測。募集対象は個人、企業、団体を問わない。ウェブサイト(https://signate.jp/competitions/141)から参加。応募は12月17日まで。

 課題は、国立公園周辺の1年間(2017年1月1日~12月31日)の観光宿泊者数の予測。対象の国立公園は、阿寒摩周、十和田八幡平、日光、伊勢志摩、大山隠岐、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、慶良間諸島の8カ所。

 提供データ(カッコ内は提供企業)は、国立公園周辺の過去の宿泊者数のほか、SNSデータ(ホットリンク)、ロケーション付きSNSデータ(ナイトレイ)、メッシュ型流動人口データ(Agoop)、公共交通検索ログデータ(ジョルダン)、来訪者数集計データ(コロプラ)、気象データ(気象庁)、積雪気象観測データ(防災科学技術研究所)。経産省と内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供する地域経済分析システム(RESAS)も活用できる。

 精度評価には評価関数を使用。入賞者の確定は来年1月上旬を予定。副賞も用意する。

 コンテストは、観光予報プラットフォーム推進協議会(事務局・日本観光振興協会)が協賛、JTBが協力している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram