第36回「にっぽんの温泉100選」全ランキング発表

  • 2022年12月19日

11位~30位は激しい争い 蔵王、あわら、白浜がランクアップ

 草津温泉(群馬県)が20年連続となる1位に輝いた第36回「にっぽんの温泉100選」=1面参照。ここでは11位以下の温泉地にスポットを当てて順位の動きをとらえていく。

 11~30位で5ランク以上の変動を挙げると、上昇が20位の蔵王温泉(山形県、同30位)、22位のあわら温泉(福井県、同40位)、25位の白浜温泉(和歌山県、同33位)、26位の雲仙温泉(長崎県、同38位)、28位の秋保温泉(宮城県、同35位)の5温泉地。一方、5ランク以上の下降は24位の鬼怒川・川治温泉(栃木県、同17位)の1温泉地。11~30位は激しい順位争いが行われたことが分かる。

 31~50位の10ランク以上の変動は、上昇が31位の湯田中渋温泉郷(長野県、同45位)、36位の上諏訪温泉(長野県、同79位)、41位のみなかみ18湯(群馬県、同51位)の3温泉地。下降が33位の霧島温泉(鹿児島県、同23位)、42位の鳴子温泉(宮城県、同21位)、44位の花巻温泉郷(岩手県、同34位)、47位の長良川温泉(岐阜県、同28位)の4温泉地となった。

ペイウォール会員向け記事です。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram