福島市観光案内所、改装で来場者増

  • 2009年8月22日

JR福島駅の案内所

JR福島駅の案内所

 福島市観光物産協会(渡邉和裕会長)が7月24日にJR福島駅西口にリニューアルオープンした観光案内所が好評だ。開設から8月16日までの来場者は約2200人と昨年の2・5倍。改札内外両方から利用できるようにしたり、福島市を含む「ふくしま観光圏」の案内を行う「観光圏案内所」を併設したりする工夫が、来場者の増加につながっているようだ。

 新案内所は従来同駅西口にあった案内所を移設拡大する形でオープンした。観光物産協会の事務所を併設しており、広さは事務所部分も含めると138平方メートルと以前の10倍以上。改札口に接しており、改札口内外それぞれに出入り口と案内カウンターを設けている。

 福島市の観光情報に限らず、ふくしま観光圏を構成する、二本松、伊達、相馬の各市の観光情報も発信する点が特徴。同市の観光PRキャラクターとして市民に親しまれている「ももりん」をあしらった、マグカップやエコバックなどのグッズの販売も行っている。

 このほか障害者や外国人などが快適に旅行できるような情報の提供を行う「バリアフリーツアーセンター」も併設。同センターは、9月から本格的に案内業務を始める予定だ。

 同協会は福島市観光課に事務局を置く任意団体だったが、多様化する観光ニーズに迅速に対応できる体制にしようと今年4月1日に法人化。今回の新案内所と事務所の開設は、法人としてより主体的な事業を進めるための取り組みの1つでもある。同協会は今月初めに第三種旅行業の登録を受けており、今後着地型旅行商品の造成、販売も手掛ける予定だ。

 案内所の営業時間は午前9時〜午後6時。土、日曜日も営業する。

JR福島駅の案内所
JR福島駅の案内所

関連する記事

沖縄県は、スポーツツーリズム戦略推進事業でイベントを開催する。 “全国から約50チームが参加する冬のビーチサッカーの祭典”「ビーチサッカー沖縄カップ」“環境シンポジウムと…

続きを読む

来年4月に国際観光学科を新設する富山福祉短期大学は10月29日、「国際観光学科開講記念シンポジウムツーリズムで成功する地域創生そのための人材育成とは」を同短大内のホー…

続きを読む

「全国高校生伝統文化フェスティバル~伝統芸能選抜公演~」が12月15日に開催される。 文化庁・京都府・京都府高等学校文化連盟の共催による「高校伝フェス」が今年も開催! 「…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube