神社のライトアップイベント「神々が宿る島、壱岐 かみあかりの夜 ~まう、ともす、いのる~」を開催

  • 2019年8月8日

 長崎県壱岐市では3日、神社のライトアップイベント「神々が宿る島、壱岐 かみあかりの夜 ~まう、ともす、いのる~」を開催した。

 2019年8月3日(土)、壱岐市は平成29年より開始した壱岐市滞在型観光促進事業の一環として、「壱岐大大神楽公演」の開催日に合わせて神社のライトアップイベント「神々が宿る島、壱岐 かみあかりの夜 ~まう、ともす、いのる~」を開催いたしました。

当日は、500人を超える方々がイベントに参加し、壱岐神楽の中でも最も多くの人が集まるとされる「壱岐大大神楽」や白沙八幡神社に奉納する壱岐市初の参加型ライトアップイベントを楽しみました。

〇白沙八幡神社ライトアップイベント

 

白沙八幡神社を3,500個のLEDキャンドルで彩り、離島ならではの景観を活かした鎮守の森に囲まれた神社のライトアップは、都会のライトアップとは一味違った風情を感じるイベントとなりました。島内にお住いのご家族や壱岐市に滞在中の留学生、島外からの観光客など、多くの方々にご来場いただきました。

白い大鳥居はカラフルに彩られ、まっすぐに伸びた参道沿いに置かれたライトからはふんわりとした光がもれ、3,500個のキャンドルの光に囲まれたいつもと違う幻想的な神社の様子に感嘆の声があがっていました。

また、願い事を書いたキャンドルカバーにLEDキャンドルを浮かべて神社を灯すワークショップも同時開催され、子供から大人まで、それぞれが思いを込めてキャンドルカバーにお願い事やイラストをしたためて楽しんでいました。

〇ステージイベント「壱岐大大神楽」

 国指定重要無形民俗文化財に指定されている壱岐神楽の中でも、最も厳粛で鄭重な「壱岐大大神楽」の約6時間にわたる演舞をたくさんの方々が堪能しました。

「猿田彦(さるたひこ)」、「折敷(おしき)」、「神相撲(かみずもう)」などの演舞には、カメラを片手に多くの見物客が集まり、一段と大きな拍手が起こりました。同公演でしか見ることができない番外の「漁舞(りょうまい)」では漁業や海に関係する仕事をされている方々が舞殿に上がり、漁網を頭から被って海上安全や大漁を祈りました。また、毎年恒例の餅まきも行われ、子供たちが紅白の餅やアメを拾い、歓声をあげていました。

今回のイベントは壱岐の神社の神職のみで舞われる「壱岐大大神楽」に合わせて、市民と観光客、そして子どもからお年寄りまでどなたにも楽しんでいただけるよう企画しました。このイベントを通して、壱岐の神社や神楽について知っていただき、壱岐市の魅力を実感していただくきっかけになれば幸いです。今後も壱岐市の魅力が一人でも多くの方々に届くよう、情報発信していきたいと思います。

 ◇鳥居

 ◇境内

 ◇本殿内

 ◇大大神楽

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube