神戸メリケンパークオリエンタルホテル、日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台 」を11月1日 の灯台記念日に一般公開

  • 2017年10月12日

 神戸メリケンパークオリエンタルホテルは、日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台 」を11月1日 の灯台記念日に一般公開 した。

 神戸メリケンパークオリエンタルホテル(所在地:兵庫県神戸市中央区/総支配人:荒木潤一)は、11月1日(水)の「灯台記念日」にホテルの最上階のバルコニー部分に建つ灯台を特別一般公開いたします。

 

この灯台は日本で唯一、海上保安庁から正式に認可を受けており、1995年7月のホテル開業以来22年間、現役の灯台として今も神戸港を行き交う船の安全を見守り続けています。

日本で唯一ホテルに建つ公式灯台日本で唯一ホテルに建つ公式灯台

【灯台公開の概要】
日 時: 2017年11月1日(水)
※ 雨天時決行、荒天時中止
時 間: 15:00~17:00
場 所: 14階南側バルコニー
見学方法: 予約不要、参加費無料
上記時間内どなたでもご見学いただけます。
お問い合わせ:078-325-8111(ホテル代表)

【灯台記念日とは】
 日本で初の洋式灯台である観音埼灯台(神奈川県横須賀市)の起工日(1868年11月1日)を記念し、11月1日を「灯台記念日」として海上保安庁が、日本の記念日に制定しました。毎年各地の灯台で記念行事が行われています。

【神戸メリケンパークオリエンタルホテル灯台の歴史】
 1964年、旧オリエンタルホテルが神戸市中央区京町に移転した際「港町、神戸のシンボルに」と、日本で初めてホテルの屋上に設置。1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で旧オリエンタルホテルは被災し、休止をやむなくされました。
しかし、同年7月に開業が決まっていた神戸メリケンパークオリエンタルホテルへの継承が決定。灯台は存続することになりました。

 1995年(平成7年)7月7日に行われた点灯式では、午後7時7分に神戸の復興を願う777発の花火があげられ、その日から再び海の安全を見守り続ける灯台として神戸の海を照らし続けています。

関連する記事

日本旅館協会関西支部連合会は1月30日、ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区)で第3回常任理事・理事会、新年互礼会を開いた。増田友宏会長は「インバウンドは117%と増えてい…

続きを読む

かりゆしホテルズは、オリジナル「アロマミスト」の販売を始めた。 【概要】 ホテルオリジナルの香りを使ったアロマミストの販売開始 かりゆしグループホテルショップにて2018…

続きを読む

新宿プリンスホテル、歌舞伎町ブックセンターとタイアップして「愛」を育むディナープランを発売した。 新宿プリンスホテル(所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-30-1、総支配人:…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?