社員の英語研修で活用 ビズメイツの訪日英会話サービス

  • 2018年7月4日

事例紹介セミナーの様子

ビジネス特化型オンライン英会話学習サービスを展開するビズメイツ(東京都千代田区)は22日、インバウンド事業に取り組む法人企業を対象に、インバウンド英会話サービスの提供を本格開始した。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を再来年に控え、増加を続けるインバウンド需要を獲得しようとする動きが活発になっている。旅館・ホテルなどはもちろんだが、インバウンドニーズの多様化により、不動産、交通インフラなど幅広い業界においても英語応対需要が高まっている。

一方で、「道案内の方法」「レストランでの接客応対」「ホテル接客」など、シーン別の英語フレーズ集は世の中にあふれているが、英語フレーズ集を覚えるだけではインバウンドの細かなニーズをくみ取った対応は難しい。また、英語でのコミュニケーションが難しく、商機を逸しているケースも多い。

今回提供を本格化するサービスは、インバウンド事業に取り組む企業の実践的な英語コミュニケーションスキルの修得を支援すべく、導入検討施設それぞれの実務に応じた英会話教材を作成、提供するもの。同サービスは先行してリゾート施設販売などの不動産事業を展開する東急リゾート(東京都港区)や、東日本旅客鉄道(東京都渋谷区、JR東日本)で導入され、現在も社員への英語研修で活用されているという。

サービス提供本格化を前に21日に実施された事例紹介セミナーでは、先行導入を担当した東急リゾートの樫山宗介氏が登壇し、導入経緯や、社員の英語力向上によって受注獲得となったケースを成功事例として取り上げた。

「『今よりもっと多くのビジネスパーソンが世界で活躍するために』をミッションに掲げ、導入企業のビジネスチャンスを支援していきたい」と同社。

この件に関する問い合わせ先は、ビズメイツ広報担当TEL03(3525)8020。

事例紹介セミナーの様子

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら