留学生の就職先拡大 法務省が告示改正

  • 2019年6月11日

「特定活動」で旅館・ホテルにも

 
 法務省は、外国人留学生の日本国内での就職支援を目的に、出入国管理法に基づく告示を改正し、5月30日に施行した。日本の4年制大学、大学院を卒業、修了した外国人留学生で、日本語能力試験で最もレベルが高い「N1」の合格者などを対象に就職先を拡大。留学で習得した知識や日本語能力などを生かした業務に従事する場合、旅館・ホテル業や飲食業、小売業などの一般的なサービス業務、工場などの製造業務でも、在留資格の「特定活動」を認める。

 短期大学や専修学校の卒業者、海外の大学や大学院の卒業者、修了者は対象外。

 要件の日本語能力試験「N1」の合格の目安は、新聞の論説などを読んで理解でき、会話やニュース、講義を聞き、内容の詳細や要旨を把握できること。今年4月に創設された新たな在留資格「特定技能1号」で必要な水準「N4」は、身近な話題の文章が理解でき、日常的な場面でややゆっくりと話される会話がほぼ理解できるレベルであり、求められる日本語能力が大きく違う。

 旅館・ホテルで通訳、翻訳などの業務で活用されている専門的・技術的分野の在留資格「技術・人文知識・国際業務」では、一般的なサービス業務や製造業務などが主な活動となるものは認められないが、「特定活動」の在留資格では、要件を満たせば就労が可能になる。就労はフルタイムの直接雇用で、報酬は日本人と同等額以上。

 従事する業務に関してガイドラインでは、指示を受けて自らの作業を行うだけの受動的な業務ではなく、いわゆる翻訳、通訳などの要素のある業務や、コミュニケーションを要する業務であることが要件とされている。

 具体的には、ホテル・旅館に関して「翻訳業務を兼ねた外国語によるホームページの開設、更新作業を行うものや、外国人客への通訳(案内)、他の外国人従業員への指導を兼ねたベルスタッフやドアマンとして接客を行うもの(それに併せて日本人に対する接客を行うことを含む)。客室の清掃にのみ従事することは認められない」と例示されている。

関連する記事

総務省の労働力調査(速報)によると、今年4月の完全失業率(季節調整値)は2.4%で前月比0.1ポイント低下した。2017年6月から23カ月連続の2%台と、このところ低水準…

続きを読む

普及に向けホームページなどで情報発信 国土交通省は5月28日、地域活性化と庭園文化の普及を図る目的で設けた「庭園間交流連携促進計画登録制度」、いわゆるガーデンツーリズム登…

続きを読む

経済産業省はこのほど、特定サービス産業動態統計調査の3月分確報を公表した。対個人サービス業の趣味・娯楽関連5業種の売上高は、ボウリング場のみが前年同月を下回った。遊園地・…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube