熊野古道とサンティアゴ巡礼の道、両方歩いた登録者1000人に

  • 2018年3月11日

千人目は、米国からの旅行者、バグノさん

 熊野古道、サンティアゴ巡礼の道の両方を共通巡礼手帳を使って歩いた「DUAL PILGRIM(二つの道の巡礼者)」の登録者数が2月21日に千人に到達した。千人目の登録者は、米国からの旅行者だった。

 田辺市(和歌山県)とサンティアゴ・デ・コンポステーラ市(スペイン)は、2014年5月に観光交流協定を締結。協定に基づく両市の共同事業として、15年2月に両方の巡礼の道を歩く人を対象にした共通巡礼手帳の発行を開始した。

 千人目は、米国アラスカ州出身のスティーブン・バグノさん。旅行会社の経営者、フリーライターで、熊野古道の巡礼とツアーの現地視察のために来日していた。熊野古道は、2月20~21日に滝尻王子―熊野本宮大社の区間(約38キロ)を歩いたという。

 共通巡礼手帳は、片面が熊野古道、もう片面がサンティアゴ巡礼の道のスタンプ台紙になっている。両方のスタンプを集めると、達成証明書が発行される。これまでの国別の登録達成者は、日本が246人、豪州が198人、米国が125人、スペインが113人、イタリアが32人など。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram