瀬戸内リトリート青凪、国際賞3賞を受賞

  • 2019年11月30日

客室

 旅館・ホテルのプロデュースなどを手掛ける温故知新(東京都新宿区)は15日、運営するホテル「瀬戸内リトリート青凪」(松山市)が世界の高級ホテルを対象とした三つの国際的な賞を初受賞したと発表した。

 受賞したのは、口コミ評価に重点を置いた「オートグランドール・グローバルホテルアワード」、ブティックホテル専門の賞で、小規模で上質なサービスを提供するホテルを対象とした「ブティックホテルアワード」、ホテル業界のアカデミー賞ともいわれる「ワールドラグジュアリーホテルアワード」。

 オートグランドール・グローバルホテルアワードでは、ベストリラクゼーションリトリートやベスト日本料理レストランなどを含む7部門で受賞した。

 同社によると、青凪は建築家の安藤忠雄氏が建築・設計を手掛けた「エリエール美術館」を改装、2015年に開業した施設で、7室全てがスイートタイプ。料金(消費税・入湯税別)は1泊2食付き1人4万7250円から。

 昨年、ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版で、5レッドパビリオン、豪華で最高級であるホテルとして紹介されている。


客室

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube