温泉協会と中央温研が管理者研修会開催

  • 2008年11月22日

 日本温泉協会、中央温泉研究所など主催の「温泉経営管理研修会」が12、13の両日、東京都新宿区の野口英世記念会館で開かれ、約200人が出席した。

 冒頭あいさつした温泉協会の滝多賀男会長は、「地球温暖化が危惧され二酸化炭素(CO2)排出量の規制が課題となる中、高温温泉や排湯の余熱利用が環境に優しい熱エネルギーとして着目されている」と、温泉の資源的価値が見直されている現状を述べ、温泉が観光、環境に果たす役割の大きさを強調した。

 今回は行政、地学、医学、化学、観光、美容などの基礎講座のほか、特別テーマとして資源保護と衛生管理、排水技術を取り上げ、NPO入浴施設衛生管理推進協議会の中島有二会長やソフィアの伊藤健一氏らが講師を務めた。会場では出席者が熱心にメモをとる姿も見られた。

 14日は現地見学会が行われ、約80人が伊豆半島熱川温泉(静岡)と、この温泉を給湯している伊豆高原広域別荘給湯施設を見て回った。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram