温泉むすめ御泉印、26温泉地で発売

  • 2022年12月29日

 温泉むすめ御泉印が全国26温泉地で発売される。

(株)エンバウンドが手がける人気コンテンツ「温泉むすめ」と全国の温泉地が、アフターコロナに向けた旅行のきっかけ作りとして御泉印(おんせんいん)を発売します。発起人は、松島温泉観光協会。「御泉印」は、ハガキサイズで温泉地ごとに異なるデザインを制作する。日付を入れ、旅の記念とし、温泉地巡りを促進する。1月1日は第1弾として5温泉地9施設が販売を開始する。すでに他の温泉地も参加表明しており、26温泉地に順次拡大する予定。

 

 

 

【温泉むすめ 御泉印(おんせんいん) 販売】

(1)日 時   令和5年1月1日(日) 元旦・販売開始

(2)場 所  5温泉地 9施設

①松島温泉  (宮城県・松島観光協会)
②小野川温泉 (山形県・鈴の宿 登府屋旅館)
③飯坂温泉  (福島県・飯坂温泉観光協会)
④塩原温泉  (栃木県・塩原温泉観光協会)
⑤大子温泉  (茨城県・根本駐車場隠居店/大子ブルワリー/双葉食堂/ゆばの里/福来朗)

松島温泉 御泉印松島温泉 御泉印

小野川温泉 御泉印小野川温泉 御泉印

 

飯坂温泉 御泉印飯坂温泉 御泉印

 

塩原温泉 御泉印塩原温泉 御泉印

大子温泉 御泉印大子温泉 御泉印

(3)内 容

①御泉印とは…温泉地ごとにデザインの異なるハガキサイズの記念品。温泉むすめのイラストのほか、手書きやスタンプで日付を入れるため、温泉地をめぐるきっかけとなる。

②価格 500円(税込)

③今後の参加温泉地

1月1日に販売開始の5温泉地(松島・飯坂・小野川・塩原・大子)に加え、以下の21温泉地が準備を進めており、順次販売してまいりいます。

豊富温泉(北海道)、乳頭温泉郷(秋田)、秋保温泉(宮城)、蔵王温泉(山形)、磐梯熱海温泉(福島)、いわき湯本温泉(福島)、那須温泉(栃木)、鬼怒川温泉(栃木)、越後湯沢温泉(新潟)、松之山温泉(新潟)、万座温泉(群馬)、石和温泉(山梨)宇奈月温泉(富山)、湯原温泉(岡山)、湯郷温泉(岡山)、奥津温泉(岡山)三朝温泉(鳥取)はわい温泉・東郷温泉(鳥取)、阿蘇温泉(熊本)、人吉温泉(熊本)、玉名温泉(熊本)

【温泉むすめについて】

株式会社エンバウンド(本社:東京都渋谷区 代表取締役:橋本 竜)が手がける温泉をモチーフにしたキャラクタープロジェクト。日本全国と台湾を合わせて123キャラ(12月24日現在)が存在し、そのうち18の国と地域の観光大使や温泉大使を務めている。

温泉むすめ温泉むすめ

温泉むすめは、アニメ、漫画、音楽、声優によるライブやトークショー、その地域でしか購入できないグッズ販売、温泉地同士で連携したスタンプラリーなど、様々な活動を通じて、全国の温泉地の魅力を国内外に発信しており、キャラクターごとに異なるイラストレーターが描き、担当声優もすべて異なるのが特徴。

■温泉むすめ 公式サイト https://onsen-musume.jp/

温泉むすめ 全国マップ温泉むすめ 全国マップ

【その他】
・株式会社エンバウンドでは、御泉印の商標登録を申請中。
・小野川温泉では、御泉印の特典として、通常は宿泊者しか購入できない「小野川小町クリアファイル(600円)」を購入できる。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram