淡路島商工会、「淡路島ブランド」確立へカンファレンスイベント開催

  • 2020年1月24日

淡路島の魅力を語る映画監督の篠原氏

 兵庫県の淡路市商工会(津田豊会長)は12月13日、東京都千代田区のイベントスペースで、淡路島の新たな魅力を発信するカンファレンスイベント「Think 淡路島」を開催した。同商工会観光部会が2019年6月に始めた「地域内連携による【淡路島ブランド】着地型旅行造成プロジェクト」のこれまでの取り組みと今後の展開を発表。観光業界や地域振興の関係者などが参加した。

 淡路市商工会観光部会の米山正幸会長は「淡路市内に点在している観光地をつなげて新たな魅力を作り、多くの観光客を呼び込みたい。皆さまのお力をお借りしますます発展させていきたい」と意気込みを語った。

 プロジェクトのブランドプロデュースを手掛けるiNTO(イントゥ、東京都港区)の小松﨑友子社長から「東京圏から人を呼ぶ」という目標と、「目標を達成するために解決すべき課題とその解決方法」「都会の人が旅に求めること」「淡路島だからできる三つのこと」が発表された。

 小松﨑氏は、鉄道のない淡路市における2次交通の課題解決策として、コミュニティバスを活用した「バス&バス」構想と、実際にバスのみで淡路市を巡るモデルコースを紹介。「バス&バス」によるメリットとして、車の運転ができない新たな層の取り込みのほか、休日にマイカー・レンタカーでの観光客が集中することにより起こる交通渋滞の緩和などが期待できると説明した。

 淡路島のブランドとしては、編さん1300年を迎える「日本書紀」の冒頭「国生み神話」に登場する伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祭る伊弉諾神宮のほか、ヨガ、瞑想などを通じた「心と体のデトックス」の旅先などを打ち立てることも発表された。

 また、淡路島でロケが行われた映画「種まく旅人」の篠原哲雄監督と、ヨガインストラクターでクリスタルボウル奏者のリー氏が「淡路島の魅力を知る都会に住む代表」として淡路島の魅力を語った。

 淡路市商工会によるプロジェクトは4月以降、本格的な情報発信や商品造成を展開していく。

淡路島の魅力を語る映画監督の篠原氏

あいさつする淡路市商工会観光部会の米山会長

東京圏からの観光客獲得について話すイントゥの小松﨑氏

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram