浅草六区、新プロジェクト開始 

  • 2019年11月9日

気勢をあげる安田代表理事(右から3人目)ら関係者

戦略特区でにぎわい創出

 一般社団法人浅草六区エリアマネジメント協会(安田和章代表理事)は10月25日、国家戦略特区に認定された浅草六区ブロードウェイ(東京都台東区)で新しいプロジェクトを開始すると発表した。全国各地の祭りや食材を楽しめる路上イベントを実施、さらなるにぎわいを目指す。

 浅草六区ブロードウェイは幅が約11~12メートル、全長約300メートルの区道。9月30日に国家戦略道路占有事業に認定されたため、規制が緩和、路上を使ってイベントなどができるようになった。これを受け、同協会は新プロジェクト「浅草六区―Connect with the world―」を開始した。

 プロジェクトは(1)全国の祭りを誘致し、毎週開催を目指す(2)食事を楽しみながら国内外の観光客らと交流できる「トモダチストリート」の開設(3)新たな分煙方法や街の美化などに取り組む「新煙(しんえん)組」―が主な柱。祭りの第1弾は群馬県桐生市の「桐生八木節」で26日に開催した。

 トモダチストリートは毎週金・土・日・祝日の午前11時から午後9時まで開く。来店者のスマートフォンで12言語の注文と支払いができるキッチンカーが最大19台出店し、「インバウンドとキャッシュレスの対策を実施する」という。さらに、ブロードウェイ上のパラソルとテーブルには翻訳機を設置、国際交流を促す仕掛け作りも行う。

 安田代表理事は「六区を文化と地域交流の場として開放したい」と抱負を述べた。

気勢をあげる安田代表理事(右から3人目)ら関係者

関連する記事

電通は8日、日本文化の海外発信を支援する「JAPAN CULTURE HUB」を始動すると発表した。 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本敏博)は、日本の伝統文化の…

続きを読む

日本政府観光局(JNTO)は10月30日、アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイを拠点に中東地域に幅広い路線を持つ航空会社、エミレーツ航空と訪日旅行の促進に関する協力の覚書を…

続きを読む

世界的な旅行ガイドブック「LonelyPlanet」(ロンリープラネット)がこのほど発表した2020年に訪れるべき世界の旅行先のランキング「BestinTravel…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube