沖縄県、夏の需要喚起へキャンペーン

  • 2009年5月23日

ロゴマーク

ロゴマーク

 沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は14日、世界的な不況や円高に伴う観光客の急減を受け、沖縄観光特別対策事業として実施する「美ら夏 沖縄 元気!」キャンペーンをスタートさせた。夏季の旅行シーズンの需要喚起に向けて、国内外でプロモーションを強化する。

 沖縄観光のトップシーズンである夏場の集客確保に向けて全県一丸となって取り組む。キャンペーンの期間は10月まで。事業予算は約3億530万円。メーンターゲットを家族旅行に設定。国内外で誘客イベントを実施し、キャラバンを派遣するほか、メディアを活用したPR戦略も打ち出している。

 初の試みとして団体旅行への支援金なども実施する。対象経費はバス借り上げ費用、芸能アトラクションの派遣費用など。

 OCVBの沖縄観光情報サイト「真南風プラス」では、キャンペーンイベントの告知のほか、サイトアクセス者に対するプレゼントを4回にわたって実施する予定。旅行者参加型企画としてエッセイコンテストなども開催する。

 このほか、首都圏の高級レストラン(沖縄料理店以外)や「ぐるなび」と連携して、沖縄食材を用いたフェアを実施する。

 外国人旅行者の誘致については、中国最大の検索サイト「百度(バイドゥ)」にバナー広告などを掲載。また、6月18〜20日に開催される北京国際旅遊博覧会にも出展し、沖縄観光をアピールする。

 キャンペーンのキックオフイベントは16、17日に東京都江東区のららぽーと豊洲で開催した。

ロゴマーク
ロゴマーク
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram