楽天LIFULL STAYとアパマングループのグランドゥース、固定収益型の民泊運営代行事業で連携

  • 2019年4月13日

 楽天LIFULL STAYは11日。アパマングループのグランドゥースと固定収益型の民泊運営代行事業で連携すると発表した。

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 宗克、以下「楽天LIFULL STAY」)は、APAMANグループの民泊事業会社である株式会社グランドゥース(本社:大阪府大阪市、代表取締役:柴田 敬介、坂本 正樹、以下「グランドゥース」)を、民泊・その他の宿泊事業を行う運用代行パートナーに認定し、このたび契約を締結しました。
 不動産オーナーが民泊への参入を検討する上で、宿泊単価や空室率の増減に伴う収益の変動リスクを抑え安定的な収益を確保することは重要な課題の一つであり、固定収益型の民泊運営に対する関心も寄せられています。今回の連携により、楽天LIFULL STAYは、固定収益型の民泊運営を希望する不動産オーナーから問い合わせを受けた場合に、同分野のノウハウを持つ運用代行パートナーのグランドゥースを紹介先に加えることで、多様な不動産運用の需要に応える機会を拡充します。グランドゥースは、紹介を受けたオーナーから物件の一括借り上げを行った上で、当物件の民泊運営代行を行うとともに、固定賃料の支払いを通じて同不動産オーナーの安定収益を実現していきます。

楽天LIFULL STAYはこれまで、不動産オーナーに向けた所有物件の民泊運営代行やブランディングなどの営業活動を幅広く行ってきましたが、今回の連携を通じてさらにサービスの選択肢を拡大し、不動産オーナーによる民泊への参入を促進します。また、グランドゥースは自社のノウハウを活用した民泊運営代行事業の取り扱いを増やすとともに、民泊市場の拡大に寄与します。

両社は今後も、それぞれの強みや知見を生かして民泊運営における様々な需要に対応するとともに、国内の民泊ならびに宿泊市場全体の発展に取り組んでまいります。

■株式会社グランドゥース
所在地: 【本社】大阪府大阪市西区新町1-5−7 四ツ橋ビルディング6階
代表者: 代表取締役 柴田 敬介
代表取締役 坂本 正樹
事業内容: 民泊施設、ホテル、旅館及び簡易宿所の運営
設立年月: 2017年3月
ウェブサイト: https://grandouce.co.jp/ 

■楽天LIFULL STAY株式会社
所在地: 東京都千代田区有楽町一丁目10番1号
代表者: 代表取締役 太田 宗克
事業内容: 民泊に関するプラットフォーム事業など
設立年月: 2017年3月
ウェブサイト: https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp/

関連する記事

「実費精算」が過去最高の56%に 全国で独立系ホテルのキャッシュバックポイントカード(Aカード)運営を手掛けるAカードホテルシステム(本社=東京都千代田区)は今年1月、30…

続きを読む

大阪ウェディング&ホテル・観光専門学校は、「IR・ホテル&リゾート科」「IR・MICEマネジメント科」の学生募集を開始した。 大阪ウェディング&ホテル・観光専門学校(大阪…

続きを読む

エアビーアンドビーは19日、Tポイントサービスを導入した。予約200円につき1ポイントを付与する。 世界最大級の旅行コミュニティプラットフォームのAirbnb Japan…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube