栃木市、栃木駅前に観光交流館「蔵なび」を4月開業

  • 2021年1月31日

栃木市は、栃木駅北口に整備してきた直営の観光交流館を4月20日にオープンする予定だ。愛称は「蔵なび」。大川秀子市長が4日の記者会見で発表した。

同館は木造平屋建て、床面積208平方メートルの規模。開館時間は午前9時~午後7時で、12月29~1月3日が休館日となる。

主な事業は、(1)観光案内(2)特産品の展示・販売(3)観光情報の発信(4)多目的交流―など。(1)では、市全域を周遊させるための観光モデルルートやニーズに合わせたオリジナル観光プランを提案するほか、外国人旅行者には翻訳機を活用した観光案内も行う。

駅に近く、市民の行き来も多いことから、電車の待ち時間の調整や待ち合わせ場所として、また、市民団体や高校生らのサークル活動の発表の場としても活用してもらう方針だ。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram