東武トップツアーズ、モバイル乗車券 [スマホ de noroca] が「2022年度グッドデザイン賞」を受賞

  • 2022年10月19日

栃木県小山市でのモバイル乗車券プロジェクト

 東武トップツアーズ(東京都墨田区、百木田康二社長)は、「2022年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)で、栃木県小山市(浅野正富市長)とアローリンク(兵庫県神戸市、蓬莱和真社長)と共に、企画、開発、プロジェクトマネジメントに携わった、小山市のモバイル乗車券 [スマホ de noroca] が「グッドデザイン賞」を受賞しました。
https://www.g-mark.org/award/describe/53997

 モバイル乗車券 [スマホ de noroca] は、小山市が公共交通サービスの利便性向上を目指し、MaaS等の新技術導入を検討していたなか、小山市コミュニティバス「おーバス」の全線共通定期券であるnorocaを、コミュニケーションアプリLINEを活用して2021年に電子化したものです。「おーバス」のLINE公式アカウントから友だち登録し購入しておくと、バス降車時に運転手にスマホのLINE画面を提示するだけのシンプル設計となっており、老若男女誰もが使いやすく、交通系ICカードと比較して、導入・維持費用の大幅なコストダウンを実現しています。これらの取り組みの結果、このたび「グッドデザイン賞」として高く評価されることになりました。

当社では今回の受賞を契機に、「地域を元気に!日本を元気に!」という想いのもと、地域交通のさらなる利活用や、移動活性化につながるソリューションの提供に努めてまいります。

  • 受賞対象名:モバイル乗車券 [スマホ de noroca]

<特徴>
・専用アプリは不要で、コミュニケーションアプリLINEのみで完結
・バス車両への機材搭載不要、画面を確認するだけのシンプルな設計
・モバイル乗車券所持者に対し、地域の店舗の割引サービス付加やサービスやお出かけの情報発信

<審査員コメント>
大都市の移動者にとっては一般的な交通系ICカードは、実は導入費用が膨大という欠点を持つ。スマートフォンアプリはダウンロードの手間を嫌う人もいる。そんな中で高齢者の利用率も高いLINEに注目し、定期券や回数券のデジタル化に用いたのは賢明である。とりわけ回数券は、家族や友人分の運賃をひとつのスマートフォンでまとめて払えることを可能としており、公共交通を使っての外出促進にも寄与する取り組みである。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram