札幌プリンスホテル、8フロア252室のリニューアルを実施  12月28日から順次リニューアルオープン

  • 2018年11月24日

 札幌プリンスホテルは、8フロア252室のリニューアルを実施している。12月28日から順次リニューアルオープンする。

札幌プリンスホテル(所在地:北海道札幌市中央区南2条西11丁目、総支配人:杉田直也)は、今後さらに増加が見
込まれる訪日外国人や国内外のMICE需要に合わせ、5~12階8フロア252室の客室をリニューアルし、2018年
12月28日(金)より順次リニューアルオープンいたします。
国内有数の観光都市、北海道の中心である札幌市に位置する札幌プリンスホテルは、中心部にありながら四季折々の季節が感じられる大通公園の至近にあり、都会でありながらリゾート気分を味わえるシティホテルです。今後、北海道では7空港の民営化や北海道新幹線の延伸などインフラの整備が進むとともに、札幌を中心にMICE受入れの新施設整備や国際的なスポーツイベント誘致など、街のさらなる発展が見込まれます。札幌プリンスホテルでは、国内外の観光客、ビジネス客の増加を見据え、改装に着手してまいります。

今回のリニューアルでは、フロアごとにターゲットを明確にし、多様化するお客さまのニーズへの対応を強化してまいります。5~12階の客室は、個人旅行化が進む東南アジア圏を中心とした訪日外国人グループやファミリー層、またスポーツイベントなど団体の利用を見据え、トランドルベッド(親子ベッド)を導入し、3名でご利用いただけるトリプル対応可能な客室を48室新設いたします。デザインには、北海道の銀杏並木をモチーフにしたイエローをキーカラーにし、木のぬくもりを感じる親しみやすい空間を演出いたします。 

親子ベッドを導入し3名利用が可能になったスタンダードルーム(イメージ)親子ベッドを導入し3名利用が可能になったスタンダードルーム(イメージ)

【リニューアルのポイント】
◆フロアごとにターゲットを明確化し個人旅行化が進む訪日外国人のグループやスポーツイベントなどの団体のご利用を見込む。
◆3名利用が可能な部屋を新設
◆デザインには北海道の銀杏並木をイメージさせるイエローや木目調のテイストを取り入れている。

スタンダードフロア 合計 トリプル対応 ツインルーム 工期(予定) オープン(予定)
5~6階 63 12 51 2018年11月~12月 2018年12月28日より順次
7~10階 126 24 102 2019年2月~3月 2019年3月30日より順次
11~12階 63 12 51 2019/1/1 2019年2月1日より順次

※上記記載内容は、2018 年11月21日現在のものであり、変更となる場合がございます。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram