書評「日本初の海外観光旅行」

  • 2009年7月11日

 100年前、明治41年(1908年)の日本で民間初の世界一周パック旅行が催行された。「世界一周会」は朝日新聞が旅行を企画、英トーマス・クック社が手配。自社のマス媒体をフルに活用して宣伝し、不特定多数から参加者を募った。

 ジャーナリストの杉村楚人冠、野村證券創業者の野村徳七、高千穂学園創設者の川田鐵彌など56人が参加し96日間かけて世界を一周した。うち女性参加者は3人。旅行代金は2340円、現在の貨幣価値で1170万円に相当するという。

 「参加者数と踏破距離からすれば海外旅行史上最大の世界一周旅行であった可能性がある。しかも世界一周会はわが国において欧米パックツアーの嚆矢(こうし)であることにとどまらず、海外パックツアーそのものの嚆矢とも考えることができる」(著者前書きから)。この世界旅行の一日一日を貴重な写真とともに詳細に記録している。

 著者の小林健氏は、明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授。A5版、384ページ。定価3200円(税別)。発行所=春風社。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram