日銀レポート「5類報道から予約増」 景気の総括判断 全地域「持ち直し」 


 日本銀行が4月20日に公表した地域経済報告(さくらレポート)の4月分で、全国9地域の景気の総括判断は、全ての地域で「持ち直している」「緩やかに持ち直している」などとした。観光関係の企業が「新型コロナの5類移行報道後から、国内少数グループ客の予約が増加」「入国制限の緩和により、欧米からのインバウンド客が増加」などと指摘。ただ、「従業員不足でホテル稼働率を引き上げられない可能性があり、需要の取りこぼしを懸念」との声もある。

 前回判断(今年1月)との比較では、7地域が据え置き。東海が前回の「横ばいで推移」から「緩やかに持ち直し」に上方修正。東北が前回の「緩やかに持ち直し」から「一部に弱さが見られるものの、基調としては緩やかに持ち直し」に下方修正された。

 各論を見ると、「観光は緩やかに持ち直し」(北海道)、「旅行取り扱い、ホテル・旅館の宿泊者数は着実に持ち直し」(北陸)と、ほぼ全ての地域で観光関係の景気が持ち直しているとした。

 全国9地域の企業の主な声は次の通り。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒