日本秘湯を守る会、新潟県越後田中温泉「しなの荘」が新規入会

  • 2020年1月26日

しなの荘

熟成食材や美肌の湯が人気

 日本秘湯を守る会にこのほど、新たに新潟県越後田中温泉の「しなの荘」(新潟県津南町、山岸祐二社長)が入会した。12月18日に開催された同会の定時社員総会で山岸社長は「伝統ある会に入会させていただいた。会の皆さんと協力して秘湯文化を広めていきたい」と抱負を述べた。

 しなの荘は、ヒノキ風呂付き特別室(百合)など全12室。冬は3メートルの雪が降るなど豪雪地帯としても有名だが、雪の下で味を熟成させる「雪下にんじん」や山菜の天ぷらなど郷土食豊かな食事を提供している。3年前からは、伝統的なわらの「つぶら」を使用し、食材の保存をしている。

 風呂は自家源泉100%で、アルカリ性がpH9.2と高く、美肌の湯として女性から高い評判を得ている。

 山岸社長は「自然が豊かな山里の一軒宿だが、関東からは近く、最寄り駅の『越後田中駅』からは徒歩5分とアクセスはしやすい。冬はスキーなどアクティビティでも訪れてほしい」と話す。

 平日1泊1万1千円(税別)から。

しなの荘

 

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube