日本生産性本部、「第3回日本サービス大賞」応募受け付け開始

  • 2019年9月12日

日本生産性本部サービス産業生産性協議会は9月2日から10月31日まで、「第3回日本サービス大賞」への応募を受け付ける。サービスを提供している全ての事業者が対象。優れた事例には内閣総理大臣賞などを贈る。

経営者、学識者などで構成する「日本サービス大賞委員会」が、(1)顧客から見たサービスの良さ(2)「サービスをつくりとどけるしくみ」の良さ(3)成果(4)サービスイノベーションを通じた社会の発展への寄与―の各視点で審査。2度の書類審査と現地審査を経て各賞を決める。発表、表彰は来年秋。

前回の第2回は内閣総理大臣賞を三菱地所の「街のブランド化に向けた丸の内再構築の地域協働型プロデュース」が受賞。観光関係では、陣屋(神奈川県)の「旅館・ホテル経営をITの力で改革する『陣屋コネクト』」が総務大臣賞、北海道宝島旅行社(北海道)の「地域の魅力を価値に変える訪日外国人向け体験型旅行サービス」が優秀賞を受賞した。

応募は所定のフォーマットに必要事項を記入の上、同賞のホームページから。

関連する記事

ステイウェイは、旅行情報の収集方法と宿泊予約の意思決定の年代別調査の結果を発表した。 実名型旅メディア「Stayway(以下、ステイウェイ)」を運営する株式会社Stayw…

続きを読む

成田国際空港は12日、「成田空港のプラスチック・スマート」宣言 の内容を発表した。 近年、海洋プラスチック汚染が世界的に大きな問題となり、国内でも環境省が立ち上げた「プラ…

続きを読む

JALは、電子フライトログ・整備記録の運用を開始した。 JALは、運航乗務員、客室乗務員、整備士などが航空機の飛行情報や不具合修復状況を記載する、搭載用航空日誌(フライト…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube