日本旅館協会北海道支部連合会、新会長に唐神氏(ホテルまほろば)

  • 2022年6月10日

退任する大西会長(写真右)と唐神新会長

副会長6人も選出

 日本旅館協会北海道支部連合会(大西雅之会長、172会員)は5月26日、札幌市内のホテルで2022年度通常総会を開き、役員改選で本部会長に推薦される大西会長(あかん遊久の里鶴雅)の後任に唐神昌子氏(ホテルまほろば)を選任。副会長に新任1人を含む6人を選出した。

 大西氏はコロナ下での活動を振り返り、「この2年間、協会本部とともに政府や関係方面にコロナ感染症対策の要請活動に奔走した」と報告。退任あいさつでは、「本部会長を支えて協会の発展に尽くす、次の世代が活躍できる連合会にする、会員に情報がタイムリーに届く組織にする、という三つのミッションを掲げて取り組んできた。まだ十分にできていないが、新会長の下でさらに進めてもらえると確信している。皆さんには大変お世話になった」と感謝の言葉を述べた。

 来賓で出席した協会本部の浜野浩二会長(グランドブリッセンホテル定山渓)は「コロナ対策本部を設けて全力で取り組んできたが、まだ問題は目の前にある。Go Toトラベル事業は経済対策の一環であり、各方面に早期開始を働き掛けてほしい。6月の本部総会で退任するが、皆さまに支えていただいたことに感謝する」とあいさつした。

 唐神新会長は、「諸先輩のお話をしっかり頭に置いて、皆さんと一致団結して取り組み、北海道を盛り上げていきたい」と抱負を述べた。

 事業計画では、コロナ感染症で大きなダメージを受けた宿泊業界の諸課題の解決に向け、引き続き関係機関・団体と連携を密にして全力で取り組むことや、人材育成、デジタル化の推進などに対応していくことを確認。会費については、3年連続での半額免除を決定した。

退任する大西会長(写真右)と唐神新会長

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram