日本旅館協会、宿の公式宿泊プランをメタサーチに掲載 OTA介さず手数料を低減

  • 2018年4月16日

 日本旅館協会は、会員施設の宿泊プランの直販を支援する事業「オープン・ウェブ」を刷新した。宿泊予約システムなどを提供するエス・ワイ・エス(東京都港区)と提携し、直予約システム「DRS」を活用する手法に移行した。予約エンジンの種類を問わず接続可能で、宿の公式宿泊プランをOTA(オンライン・トラベル・エージェント)を経由せずにメタサーチ(比較サイト)に掲載できる。直予約、直販の拡大、手数料の抑制につながるとして参加を呼びかけている。

 オープン・ウェブは2012年4月に開始。施設が自社の予約エンジンに登録した公式宿泊プランを協会のサーバーを通じ、提携先のメタサーチなどに掲載する仕組み。約250軒が参加し、年間の販売額は約1億2千万円まで増加したが、この事業を刷新し、DRSを活用した取り組みに移行した。

 オープン・ウェブでは予約エンジンが6種類に限られていたが、DRSでは、宿が使っているほとんどの予約エンジンが接続可能。協会でサーバーを持つ必要もなくなり、運営コストが大幅に下げられる。

 宿にとっての最大の利点は、OTAを介さずに公式宿泊プランを有力な複数のメタサーチに掲載でき、自社直販を拡大できること。掲載可能なメタサーチは、トラベルコ、旅プロ、ホテルジェイピー、トラベルジェイピー、フォートラベル、トリップアドバイザー、スカイスキャナー、カヤック、グーグルなど11サイト。さらに大手メタサーチが追加される予定。

 もう一つの利点が、DRSを通じて公式宿泊プランを販売した場合、宿が支払う手数料率は5%からと低率であること。国内外のOTAに比べて低い手数料率で販売できる。初期費用や利用料はかからず、販売した分の手数料しか負担は生じない。自社予約エンジンに登録しているプランを使うので、新たな登録作業や空室管理の手間もかからない。

 日本旅館協会は、4、5月に開催される各支部連合会の総会などでDRSへの参加を会員施設に呼びかける。参加や説明を希望する旅館には、協会が申込書などを用意している。   

関連する記事

アパグループは20日、アパホテル〈六本木ホテル群〉の5棟同時起工式を開催した。 全国最大453ホテル76,549室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)の…

続きを読む

エイチ・アイ・エス(HIS)は13日、ロボットと最新設備を導入し、生産性の向上を目指すホテル「変なホテル東京浅草橋」を開業した。変なホテルとして東京4拠点目、全国では7…

続きを読む

横浜ベイホテル東急は、ナイト・キッチンスタジアム「サマーフェスティバール」を開催する。 ※「ローストビーフ」イメージ 詳細はこちら→https://ybht.co.jp/…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会