日本ホテル協会、春季通常総会を開催

  • 2018年4月2日

 日本ホテル協会(志村康洋会長)は3月13日、東京・西新宿の京王プラザホテルで春季通常総会を開き、2017年度事業・決算報告や役員補選などを審議、承認した。

 冒頭あいさつした志村会長=写真=は、労働集約型産業のホテル業は深刻な人手不足にあるとの認識を示し、テクノロジーの積極的な活用を求めた。「それにより、新たに生み出される労働力に付加価値を付けて、お客さまに期待以上のサービス提供という好循環を生み出すことができる」と強調。

 また、外国人労働者の確保では「高度人材を中心とした在留資格の緩和を(政府)各機関に要望している」とし、早期実現を期待した。具体的には、入管法の在留資格に、ホテル業務全般に従事することができる「ホテル業務(仮称)」の創設を求めている。

 来賓として観光庁の田村明比古長官が出席。あいさつで、訪日外国人の動向について触れた。

 長官によると、シティホテルの外国人宿泊比率は2012年17・3%だったのが、17年は34・4%となっている。旅館を含めた客室稼働率は54・8%から60・8%と6ポイント増。「シティホテルとビジネスホテルの外国人が増えたのが寄与している。ホテルが受け皿として機能しており、インバウンドの好調を支えている」と指摘した。

 役員補選では、東京支部推薦本部役員として、理事に帝国ホテル代表者の定保英弥氏(帝国ホテル社長)、ホテルメトロポリタン代表者の里見雅行氏(日本ホテル社長)、監事にパークハイアット東京代表者の森川健太郎氏(パークタワーホテル社長)を選出した。

関連する記事

ルレ・エ・シャトー日本支部は17日、海洋資源保護のための6つの重要施策を発表した。 ルレ・エ・シャトー(本部:フランス、パリ17区、代表:会長 フィリップ・ゴンベール)の…

続きを読む

藤和那須リゾートは23日、宿泊施設を活用した一時避難場所の提供を開始すると発表した。 この度の「令和元年台風第19号」に伴う災害により、各地に甚大な被害が発生しております…

続きを読む

帝国データバンクによると、今年度上半期(4~9月)のホテル・旅館経営業者の倒産(負債1千万円以上の法的整理)は28件、負債総額は85億1900万円だった。件数、額ともに前…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube