日光市、観光経済部が本社訪問 観光政策など説明

  • 2022年5月19日

 栃木県日光市の観光経済部は4月26日、東京・池之端の観光経済新聞社を訪問し、同市が推進している観光施策について、概要や実施意図などを説明した=写真。
 同市は同27日、市内西町地域でのグリーンスローモビリティの運行を開始した。観光経済部の山越秀克部長は「同地域には憾満ヶ淵(化け地蔵)や金谷ホテル歴史館などの見どころがあるものの、交通面から観光客の皆さんにとって訪れにくい状況が続いていた」と振り返り、「グリスロの運行により同地域での回遊性を高め、多くの人にいろいろな場所を巡ってほしい」との思いを語った。11月30日までの実施予定だが、採算性が合えば継続していく可能性も示唆した。

 山越部長は同市各地の混雑状況に関する課題にも言及。対策の一環として訪問者が日光の社寺エリアの混雑状況をリアルタイムで把握できるサービスを開始した。市内の表参道や周辺の駐車場を「混んでいる」「やや混んでいる」「空いている」で表示するもので、事前にQRコードなどを介して情報を取得しておくと、同市を来訪する当日には混雑状況を確認しながら混雑を避けて行動できる。

 同部観光課の福田初枝課長は「コロナ禍で、車で市内を訪れる方が増えたこともあり混雑の解消、軽減の必要性が高まった。今回のサービスを活用して、市内を快適に観光していただきたい」と呼び掛けた。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram