旅館協会北海道の9月宿泊実績、地震の反動増も訪日減

  • 2019年10月26日

 日本旅館協会北海道支部連合会は10日、会員旅館を対象に毎月実施している宿泊実績調査の2019年9月の結果をまとめた=表。前年の9月には北海道胆振東部地震が発生した影響で宿泊客が減少したため、前年同月比は反動で大幅に増加した。7月の前年同月比は宿泊人員が28.1%増、売り上げが29.8%増となった。

 今回の調査には北海道内の主な観光地、温泉地14地区に所在する旅館104軒が回答した。

 宿泊人員の内訳は、国内客が34.3%増だったが、訪日客が3.9%減となった。訪日客は前年の地震の反動増があったものの、日韓関係の悪化に伴う韓国の訪日旅行控えなどが影響したとみられ、マイナスとなった。訪日客は19年1月以降、9カ月連続で前年同月の実績を下回っている。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram