旅館協会北海道、1月の宿泊人員78%減 

  • 2021年2月26日

売り上げは63%減

 日本旅館協会北海道支部連合会は2月10日、宿泊実績調査の1月の結果を発表した=表。対象施設119軒のうち106軒が回答。前年同月比で宿泊人員は77.7%減、売り上げは63.4%減となった。新型コロナウイルス感染者数増加に伴う緊急事態宣言の発出、Go Toトラベルキャンペーンの一時停止により、売り上げは前年同月比約6割減と大きく落ち込んだ。

 宿泊人員の月別の前年同月比は、9月が35.2%減、10月が15.5%減、11月が17.9%減、12月が62.1%減で推移していた。

 1月の宿泊人員の内訳は、訪日客は入国制限などが続き前年同月比99.9%減、国内客は同66.2%減だった。Go Toトラベルキャンペーンと道民限定の宿泊割引事業「どうみん割」が一時停止し、前月から予約が急減し、キャンセルが急増。1月13日に政府が11都府県を対象に緊急事態宣言を発出すると、道内への人の動きがさらに鈍り、休館措置を取る会員施設も多かった。

 回答旅館からは、1月の動向について次のような声が上がった。

 「Go Toトラベルの一時停止、緊急事態宣言の延長の影響が大きく、2月は週末の営業となる」

 「緊急事態宣言発出を受け、GW前まで休館を決定」

 「悪天候のため、交通機関の乱れや欠航などが多かった」

 「年末年始は例年並みに集客できていた分、悔しい」

 「ビジネスのお客さまがメインになってきている」

 「イベントや海外利用がなく、大幅な売り上げ減」

 「年末年始、週末は入るが、平日はまだまだ弱い」

 「アルペンスキーの合宿が大多数」

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram