旅館・ホテル21年度見通し、34%が増収増益 資金繰りは「苦しい」

  • 2021年4月27日

 帝国データバンクが3月に行った2021年度の業績見通しに関する企業の意識調査では、21年度に増収増益を見込む企業割合は、旅館・ホテルが34.4%と、51業種中9位だった。20年度に新型コロナで大きな打撃を受けたサービス業が上位に並んだ。一方、資金繰りが苦しいと感じる企業割合が高い業種は、旅館・ホテルが1位。サービス業が上位で目立っている。

 21年度に増収増益を見込む企業割合は、全業種計で27.4%。新型コロナの影響が広がり始めた前年同月の調査から13.9ポイント上昇した。

 このほか減収減益が26.0%、前年度並みが19.6%、増収減益が5.5%、減収増益が4.7%、その他が16.8%。

 増収増益見通しの割合が高い業種は、輸送用機械・器具製造(40.4%)が1位で、以下、飲食店(39.0%)、放送(37.5%)、娯楽サービス(37.3%)、鉄鋼・非鉄・鉱業(37.2%)、人材派遣・紹介(36.5%)など。旅館・ホテルは34.4%と、9位に位置している。

 一方、減収減益を見込む企業割合が高い業種は、各種商品小売が38.1%で1位となっている。
 21年度の業績見通しを上振れさせる材料は(複数回答)、「感染症の収束」が45.6%で1位。「個人消費の回復」(42.9%)、「公共事業の増加」(20.9%)が続く。

 今年3月時点の資金繰り状況は、「楽である」が43.2%、「苦しい」が13.6%、「どちらでもない」が40.6%。企業の規模別では、規模が大きくなるほど「楽」の割合が高くなっている。

 資金繰りが苦しいとする企業割合が高い業種は、旅館・ホテルが40.6%で1位。以下、「娯楽サービス」(35.8%)、「飲食店」(27.1%)、「運輸・倉庫」(20.6%)、「広告関連」(同)など、サービス関連の業種が目立っている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram