旅館・ホテルの景気DI、5ヵ月ぶりに悪化 感染第7波が影響

  • 2022年8月25日

 帝国データバンクが3日に公表した景気動向調査の7月分で、旅館・ホテルの景気DI(0~100、50が判断の分かれ目)は前月比3.0ポイント減の30.3と、5カ月ぶりに悪化した。3カ月連続で51業種別の最下位は免れたものの、ワースト3位と依然低迷している。感染の第7波で個人向けサービス全般が低迷。全国旅行支援の延期も響いた形だ。

 全業種計は前月比0.1ポイント減の41.3と、旅館・ホテルと同様5カ月ぶりに悪化した。10の業界別では、旅館・ホテルを含めたサービスなど4業界が悪化。運輸・倉庫など6業界が改善した。

 サービスは1.5ポイント減の44.4と、5カ月ぶりに悪化。旅館・ホテルのほか、飲食店が4.0ポイント減の34.0、娯楽サービスが0.9ポイント減の40.7と、ともに5カ月ぶりに悪化した。

 小売は1.0ポイント減の35.7と、5カ月ぶりに悪化。

 運輸・倉庫は0.7ポイント増の37.8と、2カ月ぶりに改善した。

 51の業種別では出版・印刷が29.1と最も低く、繊維・繊維製品・服飾品卸売(29.9)、旅館・ホテル、自動車・同部品小売(32.4)が続く。

 調査は全国の企業2万5723社に行い、1万1503社から有効回答を得た。企業の主な回答は次の通り。

 「期待されていた全国旅行支援が延期になり、夏旅は期待薄。どん底だった2020年、2021年よりはましだが。採算分岐には遠く及ばない」(現在、悪い、旅館)。

 「第7波ともいわれる感染拡大の影響から、観光客の動きが悪い」(現在、悪い、飲食店)。

 「新型コロナウイルスの影響もあるが、高齢化により人材不足が続いている」(現在、悪い、一般乗用旅客自動車運送)。

 「新型コロナウイルスの影響と石油価格の高騰で、ダブルパンチの影響がでている」(現在、悪い、ガソリンスタンド)。

 「新型コロナウイルス以降、初めて海外出張の取り扱いがあったり、新規団体旅行の申し込みも入るようになってきている」(現在、良い、旅行業代理店)。

 「コロナ融資の返済がそろそろ始まる。返済できずに倒産する同業者や得意先が出てくる」(先行き、悪い、婦人・子供服卸売)。

 「BA5オミクロン株の感染者数が急激に増加する中、若干名感染によって乗務できない乗務員も出てきている」(先行き、悪い、一般乗用旅客自動車運送)。

 「海外旅行需要の復活」(先行き、良い、クレジットカード)。

 「空港検疫の簡略化が進んで、海外の一般の旅行者の出入国がスムーズになり、旅行需要の回復の見通しが明確になる」(先行き、良い、旅館)。

 「海外旅行が再開し、徐々に売り上げが回復すると想定している」(先行き、良い、一般旅行)。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram