旅行支援など奏功 旅館ホテルの景気DI、2ヵ月連続最高に

  • 2022年12月21日

 帝国データバンクはこのほど、全国の企業に毎月行っている景気動向調査の11月分を公表した。同月の景気DI(0~100、50が判断の分かれ目)は、旅館・ホテルが前月比1.5ポイント増の54.8と、2カ月連続で全51業種中の最高となった。回答企業から「全国旅行支援の効果で好況」などの声が上がっている。

 全業種計は同0.5ポイント増の43.1と、4カ月連続で改善。「国内景気は新型コロナ第8波の中で、季節需要や観光関連が上向き、4カ月連続で改善した」「今後は海外経済の減速が懸念されるも、観光関連などサービス消費を中心に、緩やかな改善傾向で推移するとみられる」(同社)。

 旅館・ホテルのDIは今年1~3月に10台に低迷するも、4月に20台、5~9月に30台と徐々に回復。全国旅行支援の開始と水際対策の緩和が行われた10月に53.3と急上昇し、11月も高水準となった。

 DIが50以上となったのは旅館・ホテルと情報サービス(53.0)、電気通信(50.0)の3業種。

 10の業界別では全てが改善した。旅館・ホテルを含めたサービスは同0.2ポイント増の47.3と、4カ月連続で改善。飲食店が39.1、同0.1ポイント増と上昇も、娯楽サービスが43.8、同1.2ポイント減と低下した。

 小売は同1.4ポイント増の38.2と、4カ月連続で改善。「クリスマスなど年末に向けた需要の高まりが表れた」(同)。

 企業からの主なコメントは次の通り。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram